リフォーム工事施工例 10 


HPのお客様から
マンションのリフォームを依頼されました。

10. マンション リフォーム工事
  大阪市淀川区 YM邸
 
 マンションを購入されたYMさんご夫婦から、リフォーム見積依頼の電話連絡をいただきました。

 このホームページをよくご覧いただいて、特にコルクタイルに興味をお持ちでした。

打ち合わせの結果、
@ リビングと廊下のカーペットをはがして、コルクタイルに張り替える。
A 寝室になる洋室の窓を二重窓にして、外からの音をやわらげる。
以上のリフォームをすることになりました。
● 現況

以前住まれていた方は、とてもきれいに室内を使っておられました。

カーペットもまだきれいですが、物を置いていた場所には、どうしてもへこみができてしまいます。

カーペットを敷くと冬はとても暖かいのですが、掃除のしやすさや、部屋のデザイン面で最近はフローリング張りやコルクタイル貼に人気があります。

廊下のカーペットです。

このカーペットをはがして、コルクタイルに張り替えをご希望です。
● リフォーム施工

リビングのカーペットをはがします。
下には固定するための木片と、薄いフェルトが敷いてあります。

これらを取りのぞいて、コンクリートの下地をあらわします。

2階以上の室内の床は防音が必要となります。

このマンションでは軽量床衝撃音LL-45の遮音性能が要求されていますので、トッパーコルク防音断熱下地材「コルホーン45」を使用します。


厚み5mmのコルクシートの裏面に樹脂発泡体(防振材)が接着されています。








廊下にも「コルホーン45」を貼りました。

施工は簡単な接着工法で、作業も静かで階下や隣にも騒音がありません。
コルホーンを貼り終れば、その上から、厚み5mmのコルクタイルを貼っていきます。

今回は表面が強化ウレタン仕上げのトッパーコルク「HK−2」を使用しています。

表面に艶があり、貼ったばかりでも、ワックスをかけたように仕上がります。
● 床貼完了

リビングと廊下を仕上げるのに2人で1日で貼り終わりました。

翌日にワックスをかけました。

この材料は光沢があって、とても艶やかに仕上がりました。

「仕上げの美しさも満足ですが、なにより足ざわりの良さが気に入っています。」(YMさん)

廊下の床もとても暖かく、静かです。
 



施工したお客様の感想をお聞きすると
コルクタイルを貼ると室内の反響音がやわらぎ
居心地のいい部屋になるようです。

カーペットに比較して掃除もしやすく、
手入れも簡単です。

次回は洋室の内窓をつけます。






  



トップページへ




ご質問・ご相談
メールでどうぞ

もちろん電話・FAXでもどうぞ
TEL 06-6333-8541
FAX 06-6333-4604


Ii - ie  Tukurou
syoujiten

NewPlan Nagaigumi