リフォーム工事施工例 6 


住宅のリフォーム工事の施工例をならべました。

6.  マンションのリフォーム
   京都府京都市左京区 AS邸

● ASさんご夫妻から、リフォームの見積依頼のメールがとどきました。

「はじめまして。
このたび中古マンションを購入いたしまして、そのリフォームについて調べていたところ、貴社のホームページを拝見いたしました。
ここなら相談に乗ってくれるかもしれないと思いメールいたしました。
同じマンション内の広めの部屋が売りに出ていたので、購入を決断したのですが、この機会にビニルクロスを珪藻土の壁に替えたいと思います。
予算の範囲で快適な住環境で暮らしたいと考えております。
貴社では、京都市内の施工も引き受けてくださるでしょうか?もし、お引き受けいただけるようでしたら、ご連絡いただければ幸いです。・・・(略)」

最近、メールや電話で、このようにお仕事の連絡をいただきます。
「もちろん喜んでリフォームさせていただきます。」ということで早速打ち合わせに行きました。

● ご希望

@ リビングや洋室、和室に現在壁面に貼ってあるビニールクロスを剥がして、壁面にケイソウ土材料を塗りたい。
  
A ケイソウ土材料の成分はできるだけ天然素材を使いたい。
  (一般的なケイソウ土材料には固化させるために酢酸ビニル樹脂などを使用しています。)
  
B 玄関側の洋室と中央部の洋室との間仕切りを取りのぞいて、大きな一部屋の洋室にしたい。

Aの条件から珪藻土材料は日本ケイソウド建材の〈エコクイーン〉を選びました。

特徴
● 下地への接着のための「酢ビ系」や「アクリル系」の樹脂を使用していません。

● プラスター下地の場合は、シーラー処理することなくそのまま施工できます。

● 室内を自動的に快適湿度にし、結露防止・消臭・保温・保冷・不燃効果があります。


施工完了後のLDKです。
壁面はすべてビニールクロスをめくり、下地材施工後、乾燥期間をおいてから、上塗しました。
下地段階ではボードの継ぎ目に、ひび割れを防ぐテープを張っています。



壁面はオフホワイト色で統一しました。
床のダークブラウンとよく合います。

ビニールクロスに比べて、ボリューム感が際立ちます。

リビングに接する和室の壁面も同色で仕上げたため、一体感がでました。
ケイソウ土は洋室でも和室でもそれぞれに良く合います。

洋室は、間仕切り部分の壁面を取りのぞき、大きな部屋にしました。
現況の床はカーペット仕上げのため、今回は見切り板をつけていますが、将来はそれを外してコルクタイルを貼ることも検討されています。

5.2畳と8.8畳の洋室でしたが、間仕切りを外したことによって14畳の広々とした部屋となりました。
採光も通風も良くなりました。

家族構成によって、広げたり、間仕切ったりすることが簡単にできれば、永く住みよいマンションになります。

「思った以上に、快適な環境になりました。
リフォームしてよかったと、ほんとに喜んでいます。」(ASさんご夫妻)


引越しに間にあうように完成できました。
(工期は約2週間)

珪藻土を塗った部屋は、
とても落ち着いた雰囲気が感じられ
気持ち良く過ごせそうです。


他の場所もさまざまにリフォームすることを
楽しみに計画されています。
ASさんご夫婦とはこのホームページを機会に
長くお付き合いさせていただけそうです。






  



トップページへ




ご質問・ご相談
メールでどうぞ

もちろん電話・FAXでもどうぞ
TEL 06-6333-8541
FAX 06-6333-4604


Ii - ie  Tukurou
syoujiten

NewPlan Nagaigumi