リフォーム工事施工例 7 


住宅のリフォーム工事の施工例をならべました。

7.  マンションのリフォーム
   大阪府 豊中市 TN邸

● 友人のH君から、結露やカビで困られているTNさんを紹介されました。
  築七年の高級なマンションの2階にお住まいです。
  さっそく訪れて、状況をみせてもらいました。
  室内やクローゼット内の外壁に面した壁のビニールクロスにカビが発生しています。
  窓のガラスは冬場の暖房時に、結露がひどいそうです。

● ご希望
@ 壁面のカビが健康に悪そうなので、カビが生えないようにしたい。
A 窓ガラスの結露がひどいので対処したい。(二重窓がいいかも?)
B 夜間、道路からの騒音を軽減したい。
 北側の洋室です。窓は西に面しています。

日中は良く風が通ります。でも冬場の暖房時には、
ガラス窓が結露するそうです。

ベッドサイドの壁面に
カビがでています。






 この部屋のクローゼットの中にカビが多く発生しています。


この壁面の外側は
階段室で、冬には
コンクリートの躯体が
冷やされて
室内の暖かい空気が
結露するようです。



 西と北に面したコーナー窓のある洋室です。

 ガラス面から結露水が流れて、サッシの額縁をぬらすそうです。
 ベッドサイドの壁面や、コーナー部分の壁面のビニールクロスににうっすらとカビが発生していました。


● 改修方法@
壁面・・・
 カビの発生具合が比較的少ないので、今回は下地の石こうボードをめくらないで
カビの生えにくい材料を使うことにしました。

 表面のビニールクロスをはがして、調湿性があり、カビが発生しにくい珪藻土に塗り替えます。

 壁材は前回も使用した珪藻土(日本ケイソウド建材 エコクィーン)を塗ることにしました。

 ビニールクロスをはがし、目地処理(継ぎ目にテープ張)したあと、下塗材を塗ります。
 4〜5日乾燥させた後、上塗をします。


下塗材は約1mm
上塗材は約2mmの
厚さで仕上げます。


仕上がった壁面です。

北側の洋室は、外壁に面する部分だけを
珪藻土で塗替えました。
珪藻は超多孔質で
@ 吸湿性があり、結露やカビを防ぐ
A ホルムアルデヒドなどの化学物質を
  吸着し、排出しない
B においを吸着する
C 保温性があり、不燃。
 このような特質から、最近珪藻土が注目されています。

● 改修方法A
テラス窓・・・
結露を防ぐことと遮音のため、 旭硝子株式会社の 
後付け防音断熱サッシ「インナーウインド」 を取り付けました。

 既設の木製の額縁に4方枠を取り付けるだけで簡単に2重窓が出来上がります。
 枠とガラス障子は寸法をとり、工場で加工しますので、取付は簡単にできます。







これで結露する量も大幅に減ると思います。
断熱効果と遮音効果が期待できます。

● 改修方法B
コーナー部分のガラスと、その隣接する窓や片開きドア・・・
日本板硝子株式会社の 高断熱・高遮音 真空ガラス「スペーシア」に入れ替えました。

 スペーシアは内部を真空にしたペアガラスですので
通常のペアガラス(厚さ12mm)と違い、厚さが6mmしかありません。
 そのため、今回のようなガラスだけを付き合わせた固定部分(FIX)でも、ガラスを入れ替えた後の違和感がなく、納まりがきれいです。
 コーナー部分には専用の金物を使用しています。












 内部の真空層の働きでガラスの表面温度が下がりにくく、結露を抑えます。
 また、遮音効果も期待できます。

● 工事の日数
珪藻土の塗替え(2室) : 下塗2日 乾燥後 上塗3日
インナーウインドの取り付け(2ヶ所) :製作2週間  取り付け半日
スペーシアの取り付け(4ヶ所) : 製作2週間 取り付け半日

これから寒い季節に向かっていくので、暖房時の結露のつきかたが減るのか、
今までのようにカビが生えないかがとても興味深いです。(TN様の奥様)


結露を完全になくすことは難しいですが
室内に調湿性のある素材を使用したり
窓や壁面の断熱性を高めることは
結露やカビに対しての
有効な方法のひとつだと思います。






TN様の奥様から連絡が入りました。

● 暖房をいれだしましたが、二重サッシにした部屋では(インナーウインド)結露がほとんどなくなりました。
● ガラスを取り替えた部屋は(真空ガラススペーシア)、アルミサッシの枠周辺にはやはり結露しますが、ガラス面にはほとんど結露しなくなりました。
● 窓からの冷気がなくなったせいか、部屋がとても暖かくなりました。
● 外を走る車の音がマイルドになり、以前に比べてとても静かに感じます。
● 壁の珪藻土の効果はまだわかりませんが、暖かさや結露に貢献しているかもしれません。
● 秋にリフォームしてから、冬になるのが楽しみでしたが、いい結果がでてよかったと思っています。

わざわざ、結果報告をいただきまして ありがとうございました。



  



トップページへ




ご質問・ご相談
メールでどうぞ

もちろん電話・FAXでもどうぞ
TEL 06-6333-8541
FAX 06-6333-4604


Ii - ie  Tukurou
syoujiten

NewPlan Nagaigumi