1. 木造住宅のできるまで 13 

インターネットでお会いできたJさんの
「いい家」を実際に創っていきましょう。


いい家創ろう 実践編
1. 木造住宅のできるまで 13 
 軸組み木造2階建 J邸   兵庫県
● 内部仕上げ工事
下地が終わると、内装仕上げ工事を行います。
この後、システムキッチンや洗面化粧台が取付けます。
美装工事をしたのち、畳、襖などを入れれば住宅の内部が完成します。

※ 木質フロアー張

1階のリビング・廊下・トイレの床は、木質系フロアー(厚み12mm)をラワンベニヤ下地の上に張ります。

実際には前項の壁ボード張りの前に施工しています。
床板の上に乗せ掛けて壁ボードを張るためです。

フロアーを張った後は、傷がつかないように丁寧に養生用の床シートを貼っておきます。

仕上がった状態です。
(1階 リビング・ダイニング)

床材は表面にフッ素塗装がかけられた製品を採用しました。
傷がつきにくく、ワックスがけが不要です。

床材 : フッ素塗装木質床材
オーマイティフロアー チェリー色
松下電工株式会社

水濡れに強く、アンモニアにも強いので台所・トイレにも使いました。


この製品はホルムアルデヒドの発散量が少なく(JAS Fc0)、トルエンやキシレンを含んでいません。
仕上がりが美しいため、最近はリフォームにもよく使っています。

※ コルクタイル張

2階の床は、洋室・子供部屋・廊下・トイレ・洗面脱衣室のすべてコルクタイルを採用しました。

足触りの良さ、あたたかさ、掃除のしやすさ、遮音性などで、最近とても人気があります。

階下への振動音をより抑えるため、ラワンベニヤ(厚み12mm)の上から耐水石こうボード(厚み12.5mm)を張り、その上にコルクタイル(厚み4mm)を張りました。
コルクタイルが仕上がりました。
(2階 子供部屋)

コルクは天然素材で、ホルムアルデヒドの発散量も少なく、子供部屋や寝室には特におすすめです。



コルクタイルは暖かく、そのまま寝転んでもいい感じです。
(2階 洋室)


コルクタイル : 
トッパーコルク「強化ウレタン仕上げコルク」
東亜コルク株式会社
※ クロス張

石こうボードにパテを塗り、下地を滑らかに仕上げます。

大工さんがていねいな下地を作っている場合はボードの目違いがなく、パテの量も少なくて済みます。

壁紙が張りあがりました。

壁紙の接着剤は有機溶剤やホルマリンが一切入っていない製品を使用しています。

せっかく建てた家が健康に悪いと大変ですので、よく吟味した製品を使いました。


壁紙 : トキワ産業 エコテックス他
※ タイル張

玄関タイルも張りあがりました。

床のチェリー色に良く合う150mm角タイルを選んでもらいました。


とてもやさしい色合いで、Jさんご夫婦に気に入っていただきました。




内装工事が終わると
展示場でご家族で選んでいただいた
お気に入りのキッチンや洗面台など
さまざまな設備品が取り付けられます。


いよいよ完成が近づいてきました。






   



トップページへ




ご質問・ご意見
メールでどうぞ

もちろん電話・FAXでもどうぞ
TEL 06-6333-8541
FAX 06-6333-4604


Ii - ie Tukurou
syoujiten

NewPlan Nagaigumi