3 鉄骨住宅のできるまで 4 


重量鉄骨3階建て住宅(Tさん邸)を
創っていきましょう。


いい家創ろう 実践編
3. 重量鉄骨住宅のできるまで 
 重量鉄骨造ALC壁3階建 T邸   大阪府池田市

 鉄筋が組みあがると型枠(コンクリート流し込みのために合板で作ったパネル)を組み立てていきます。
●型枠の組立
あらかじめ基礎の寸法に合わせて作られたパネルを所定の位置に組み立てていきます。

工事期間は型枠の加工に2日、組立に4日かかりました。


鉄筋と型枠との隙間にコンクリートが流し込まれます。

非常に強い圧力がかかりますので、型枠がふくらんだり、壊れてしまわないことが重要です。

金物を使ってしっかり補強します。

完了した時点で検査を受けます。
検査項目
・鉄筋の径と本数
・鉄筋の間隔
・重ね合わせ部の長さ
・型枠の幅と高さ
・鉄筋とコンクリートの隙間の距離(かぶり厚さ)
・アンカーボルトの径と長さ
・アンカーボルトの本数
・アンカーボルトの位置と寸法

検査はすべてに合格しました。
● コンクリート工事
指定された強度と柔軟性をもつコンクリートは、依頼した生コン工場から運ばれてきます。

その強度と柔軟性はセメント・砂・砕石・水の配合割合で決まります。

そのため構造計算で決められたコンクリートかどうかを、搬入された時点で検査して、適正であることを確認することが必要になります。

写真はコンクリートが現場に到着した際の試験状況です。



強度試験を行なうために6本のサンプルピースを採っています。(右側)

7日後と28日後にそれぞれ3本ずつ試験場で破壊試験を行い、結果が報告されます。
生コン車から流れ出すコンクリートは一度ポンプ車に受けられます。

そしてポンプ車の配管ブームを遠隔操作しながら型枠内にコンクリートを打ち込んでいきます。

打ち込まれたコンクリートを棒状の振動機(バイブレータ)を使いながら、均質に隙間なく充填していきます。

所定の高さまで打ち込んだら金コテを使って水平にならします。


コンクリートの打設の工期は1日です。

コンクリートの強度は
28日経過した時点のサンプルピースの
破壊試験によって確認されます。

通常は計画した強度より
大きな値がでています。






  



トップページへ




ご質問・ご意見
メールでどうぞ

もちろん電話・FAXでもどうぞ
TEL 06-6333-8541
FAX 06-6333-4604
株式会社ニュープラン永井組

Ii - ie Tukurou
syoujiten

NewPlan Nagaigumi