困ったなどうしようの事例 5-4 



5-4

マンションのリフォーム工事(物件d) 
内部結露でカビだらけ
の事例(No.2)
他社施工の15階建て分譲SRC造マンション。
東側廊下に面する洋室の改修。
 内装には結露に効果がありそうな製品を選びました。

内装部分 製品名
内壁
下塗材
健康プラスター(四国化成)
 珪藻土配合。 
 ビニールクロスや石こうボード下地に適応。
内壁
上塗材
けいそうモダンコート(四国化成)
 珪藻土配合。
 優れた吸・放湿性。 
天井
塗装材
ケツロナイン(菊水化学工業)
 水系結露防止消臭塗料です。
 調湿性・防カビ性・断熱性があります。

下地材
コルホーン(東亜コルク)
 コルクと樹脂発泡体の効果。
 階下へ響く生活騒音を低減。

仕上材
トッパーコルク(東亜コルク)
 天然素材のソフトな歩行感。
 調湿性・断熱性・耐磨耗性。

 下塗します。

 ビニールクロスや石こうボードの上から直接塗ることができる下塗材です。
 今回は、ビニールクロスの接着状態があまりしっかりしていなかったので、めくって下塗をしました。




 下塗を2、3日乾燥させた後、珪藻土配合の上塗り材で仕上げます。






 ビニールクロスとはまた違った、しっとりとした質感が感じられる壁面です。
 dさんも、すごく気に入られたようです。

 
 天井は下塗乾燥後、ローラーで上塗します。
 壁面に養生用ビニールを貼り、塗料で汚さないように気を配ります。




 床下地材が届きました。
 厚さ5mmのコルクシートの裏面に、厚さ4mmの防振材(黒い樹脂発泡体)が貼ってあります。
 マンションの床には階下に対して、生活騒音を抑えることが求められます。

 床のコンクリート面です。以前はカーぺットが直貼(じかばり)されていました。







 専用の接着剤でコルク防音下地材を貼っていきます。
 カッターナイフで簡単に切っていけるので、施工はとても楽でした。
 裸足で歩いてみると、冷たさがなく、クッションもよくて、いい感じです。

 下地材を貼り終えると、仕上げ材のコルクタイル(厚さ5mm)を接着剤で貼っていきます。
 表面は強化ウレタン樹脂を塗布されています。
 下地材と相まって、足触りのいい床になります。


 内装が出来上がってきました。
ここでこの工事の実際にかかった日数を調べて見ましょう。
 施工日   施工内容
 1日目  室内の床材、壁材撤去
 2日目  壁 下地材・窓枠 取付け
 3日目  壁 断熱材 取付け・ 胴縁 取付け
 4日目  壁 石こうボード貼 、目地テープ貼
 5日目  壁 下地補修、下塗
  *  (下塗乾燥) 1〜2日
 6日目  壁 珪藻配合壁 上塗り
 7日目  壁 上塗り
  *  (上塗乾燥) 1〜2日
 8日目  天井 塗装  床 コルク防音下地材・コルクタイル貼
    季節によって、壁材の乾燥が1〜2日 変わってきます。


内装が仕上がってきました。
結露の効果の程はどうでしょうか?

次回に続く 





ご質問・ご相談
メールでどうぞ

もちろん電話・FAXでもどうぞ
TEL 06-6333-8541
FAX 06-6333-4604

     



トップページへ


Ii - ie Tukurou
syoujiten

NewPlan Nagaigumi